硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】劇的逆転勝利!

TEAM R H E
同大 13
関学

6月18日、立命館大学柊野グラウンド(京都府)において令和4年度関西学生野球連盟前期チャレンジリーグが行われた。同志社は関学大と対戦。接戦の末、6-4で逆転勝ちを収めた。

力投する財原(スポ1)

先発を務めたのは1年の財原だ。
初回裏、死球で先頭打者の出塁を許すと、ニ死から中適時二塁打を放たれ先制点を奪われる。続く2回にも本塁打を浴び追加点を献上。4回裏、継投に入った清川(経2)が救援を試みるも、失策と本塁打によって2点を奪われ、さらに点差が広がる。

なんとか同点に追いつきたい同志社。7回表、代打の内海(経1)が左安打で三塁に到達すると、続く先頭打者細江(スポ1)の右安打で生還。ここから同志社打線に火がついた。8回には2死二、三塁から長尾(法1)の中適時三塁打で4-4の同点に追いつく。

続く9回には相田(法1)、佐藤(商1)が連続で出塁し、2死二、三塁のチャンスをつくる。ここで代打の逸見が打席に立った。「仲間が繋いでくれたので、思い切って行こう」。2球目を思い切り振り抜き、打球はセンターの頭上を超えるスリーベースヒット。一挙2点を獲得し、ベンチは歓喜に沸いた。

中適時三塁打を放った逸見(スポ1)

試合終盤、マウンドにはエース髙木(商2)の姿があった。「絶対に逆転されないように」。強い意志でマウンドに上がると、気迫の投球で2回4奪三振を奪う。2点差を守り切り、6-4で試合を終えた。

好投を見せた髙木(商2)

劇的な逆転勝利を成し遂げた同志社。リーグ2連勝を遂げ、次戦に向けて弾みをつけた。(文責・城山歩美 撮影・城山歩美、家村有多)

(一)細江6
(ニ)堀内4
(三)相田9
(四)中森5
(五)岡村3
(六)前野7
(七)藤尾D
(八)坂2
(九)佐次8
P 財原

(同大)財原、清川、髙木ー坂、長尾
(関学)森田、大林、野路ー永谷

ページ上部へ