柔道部
HEADLINE

【柔道部】武道館で奮闘も2回戦敗退

6月25日、26日に日本武道館(東京都)で2022年度全日本学生柔道優勝大会が行われた。同志社は男子団体が関西の第7代表として出場。ベスト16を目標に掲げるも、2回戦で東京地区3位の早大に敗北を喫した。

無差別の団体学生日本一を決める全日本柔道優勝大会。男子71回女子31回を数え、今年も日本武道館で開催された。

歴史ある全日本学生柔道優勝大会

25日に行われた1回戦。同志社は北信越地区代表の金沢学院大学と対戦した。

初戦に挑んだメンバー

緊張の中、先鋒の内田は力強い組み手を組み、引き分けでつなぐ。次鋒は期待の若手瀬戸(社2)。しかし、一本背負いで技ありを取られ、ポイントを失った。それでも五将・丹波(社3)が大外刈りで一本を取ると、副将・菅本も相手の隙を狙い裏投げで一本勝ち。「ポイントゲッターがしっかり仕事をしてくれた」(主将・富原)。大将の吉村(法4)は敗れたものの、ポイントで相手を上回り初戦を突破した。

裏投げを決めた菅本(商3)

〈1回戦 試合結果〉

先鋒 内田 △引き分け
次鋒 瀬戸 ●技あり 一本背負い
五将 丹波 〇一本勝ち 大外刈り
中堅 永竿 △引き分け
三将 松田 △引き分け
副将 菅本 〇一本勝ち 裏投げ
大将 吉村 ●一本負け 内股

一夜明けて迎えた2回戦。東京地区3位の強豪早稲田大学と対戦した。同志社は松田(スポ4)に代わり主将の富原がメンバーに名を連ね、早大に立ち向かう。

大事な先鋒は1回戦に続いて内田。「勢いをつけたかった」と果敢に攻めるも豪快に技を決められ、一本を取られる。

技をかけられる内田(法3)

次鋒・丹波、五将・瀬戸も相手の圧力に押され、思うように技をかけられない。両者引き分けで後続に託す。それでも早稲田は強かった。中堅・富原、三将・永竿、副将・菅本、大将・吉村は4人連続で一本負け。圧倒的な力の差を見せつけられ、2回戦で敗退となった。

〈2回戦 試合結果〉

先鋒 内田 ●一本負け
次鋒 丹波 △引き分け
五将 瀬戸 △引き分け
中堅 富原 ●一本負け
三将 永竿 ●一本負け
副将 菅本 ●一本負け
大将 吉村 ●一本負け

「同志社と早稲田は何かと比べられがちで悔しかったから勝ちたかったけど、こうして力の差を見せつけられるともっと強くなりたいと思った」(富原)。

悔しさをかみ殺す富原(神4)

体重別の階級に分かれない今大会は各大学の選手層が勝負の鍵を握る。全国トップレベルの選手を多く擁する早大に対して同志社は軽量級の選手が多い。その点、今大会において互角の勝負を繰り広げることは決して容易ではなかった。そんな中でも丹波は「個人としては力負けしたとは思ってない」と収穫を口にした。

学生主体で鍛錬に励み、武道館という最高の舞台で奮闘した同志社柔道部。楽しむ柔道をモットーに、次の体重別個人戦でこそ同志社の名を全国に轟かせる。

(文責・撮影 丸山潤一郎)

武道館で奮闘した柔道部

 

ページ上部へ