日本拳法部
HEADLINE

【日本拳法部】ベスト8で終えるも課題見つかる

4月24日に丸善インテックアリーナにて第25回西日本学生拳法選手権大会が開催された。

同志社からは増岡(生命2)石原(理工2)山澄(経2)山中(理工2)横橋(経3)新垣(商3)ソジョンビン(GC3)が出場した。結果は、男子団体ベスト8という成績を残した。

抑え込み一本をとる石原

1回戦、男子は関学大と対戦した。先鋒おらずの対戦で始まった戦い。先制を取られ、次峰、三峰と倒される。中堅・山澄が一勝を決め、流れを変えたかったが、相手の勢いにのまれ敗退。相手4人残しで戦うのは大将の新垣。果敢に攻め1本をきめ相手を倒すも、関学大の勢いには勝てず敗北。

技をかける横橋

続く2試合目は桃山学院大学戦。ここで活躍を見せたのは三峰の石原。胴蹴り、胴突きと2-0で勝利し、駒を進めていく。3人を倒して粘り強く戦うも、2本を取られ敗退。「1試合目で関学に負けて、(しっかりと)やらないとやばいと思ってやりました」。(石原)石原の活躍により優位に立った同志社。続く山澄も胴蹴りを決め、2-1で勝ち進む。接戦を繰り広げる中、副将横橋が2本を勝ち取る。最終、新垣による圧倒的な戦力により2人を倒し見事同志社の勝利。

構える新垣

「来年の西日本は絶対に優勝したい」(横橋)

1勝1敗でベスト8という結果に終わった。怪我や体調不良などトラブルを抱えながらの出場ではあったが、それぞれの課題が見つかった大会となった。今後のさらなる活躍に期待したい。(撮影・文責 大久保りんか)

ページ上部へ