準硬式野球部
HEADLINE

【準硬式野球部】優勝の行方はプレーオフへ持ち越し

TEAM R H E
関学大
同志社

令和4年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ

4月26日に黄檗公園野球場(京都府)で、関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ第4節2回戦が行われた。同志社は関学大と対戦し、0−2で敗戦。関学大との頂上決戦は1勝1敗となり、結末はプレーオフへ持ち越すことになった。

昨日の試合に勝利し、引き分け以上でリーグ優勝が決まる一戦。悪天候も心配されたが、なんとか持ちこたえ試合が始まった。

試合は序盤から投手戦の模様を呈す。同志社の先発マウンドには竹本が上がった。

 

先発を務めた竹本(文情3)

「いつも通り全球種で勝負する」。(竹本)初回からランナーを背負いながらのピッチングも、球を低めに集め、危なげない投球を披露する。球数を用しながらも6回を投げ切り無失点。先発の役割を全うした。

0−0で迎えた7回表、好投を続ける竹本から思い切って中川(スポ2)にスイッチ。しかしこの継投が裏目に出る。「消極的な気持ちがボールに伝わってしまった」。(中川)いきなり先頭打者にニ塁打で出塁されると、2死二、三塁から相手1番に中適時打を浴び、先制を許した。さらに8回、代わった望月(スポ2)もスクイズで1点を失い0−2とされる。

 

力投する中川(スポ2)

力投する投手陣を援護したい打線だったが、なかなか相手投手を攻めきれない。

「采配に迷いがあった」(真鍋、スポ4)。4回無死一塁の場面では真鍋が併殺打、8回1死一、三塁では代打中澤(商2)が併殺打に倒れた。9回にも2死二、三塁と同点のチャンスをつくるも、あと一本が出ず試合終了。チャンスを生かしきれず、完封負けを喫した。

 

チャンスで凡退した菅野(商4)

「関学を3倒することが日本一にもつながる。絶対に勝つという気持ちをもってしっかり準備したい」(真鍋)。

1勝1敗で迎える勝負の大一番。今までの戦いで得た自信を胸に、総力戦で優勝を取りに行く。

勝利の女神はきっと同志社に微笑むにちがいない。

(文責・丸山潤一郎、撮影・松井麻衣)

ページ上部へ