準硬式野球部
HEADLINE

【準硬式野球部】あと一歩及ばず準優勝

TEAM R H E
同志社 10
関学大 2x

令和4年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ

4月30日に同志社大学京田辺キャンパス軟式野球場(京都府)で、関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ、関学大とのプレーオフが行われた。同志社は9回裏に逆転を許し、4ー5xでサヨナラ負け。あと一歩のところでリーグ優勝を逃した。

勝てば優勝となるこの一戦。両者白熱した雰囲気の中試合が始まった。

序盤、試合の主導権を握ったのは同志社だった。2回表、1死から真鍋(スポ4)が右二塁打で出塁すると、続く大和田(商2)が左中間を破る適時二塁打。幸先よく先制すると、加藤充(スポ4)も適時内野安打となるセーフティバントを決め、さらに1点を加えた。

同志社の先発マウンドには不動のエース佐伯。

力投する佐伯(スポ4)

「最初から飛ばしていく」(佐伯)と序盤から威力のあるストレートで押し込んだ。しかし、5回裏。相手7番にそのストレートを完璧に捉えられ、左越えソロを浴び2-1とされる。直後の6回裏には連打を浴びてピンチを招くと、犠飛と適時打で2点を失い逆転を許した。

7回裏から佐伯に代わり、竹本がリリーフ。相手打線を3人で打ち取り攻撃に流れを呼び込んだ。

すると8回表、この回の先頭は4番坂根(スポ4)。「どんな球にも対応できるように」(坂根)。力強く振り抜いた打球は高い放物線を描き、センターのネットの向こう側へ。4番の一振りで試合を振り出しに戻した。

出迎えられる坂根(スポ4)

3ー3の同点で迎えた9回の攻防。

同志社は1死二塁のチャンスをつくると髙橋省が中適時打を放ち勝ち越しに成功した。

ガッツポーズを見せる髙橋省(スポ4)

しかし、悲劇が待っていた。9回裏、2死までこぎつけるも、一、二塁とされると相手1番に適時打を浴び同点。さらに満塁の場面で3番に中適時打を打たれ、サヨナラ負けを喫した。

下を向く左・竹本(文情3)、右・善田(商4)

優勝決定戦に4ー5xで敗れ、関学大が優勝、同志社は準優勝という結果でリーグ戦は終幕した。

「優勝決定戦で最後まで投げ抜くべき試合にして、6回で降りたことに対して後悔が大きい。竹本に重い重圧を背負わせてしまったのは、責任を感じている」(佐伯)。エースがこの敗北を重く受け止めた。

惜しくも優勝は逃したものの、今リーグは他大学との力の差を大きく示した。投手を中心とした安定した守備力は全国にも十分通用するに違いない。同志社は全日出場へ向け、14日からの二次トーナメントに駒を進める。

「課題は攻守における勝負強さ」(真鍋)。

悲願の日本一へ。チームとしてさらなるレベルアップを図り、負けたら終わりの一発勝負が始まる。

(文責・丸山潤一郎、撮影・松井麻衣)

ページ上部へ