アトム編集局
HEADLINE

【空手道部】インカレ優勝を逃す、悔しさ残る女子団体形

11月20日、日本武道館(東京都)で第66回全日本大学空手道選手権大会が行われた。同志社は男子団体組手部門、女子団体組手部門、男子団体形部門、女子団体形部門に出場。

結果は女子団体形部門で準優勝を獲得した。

女子団体形の部で同志社からは三井理愛(社3)、岡田愛結(スポ3)、菊池ひかる(文情1)北口歌桜(スポ1)が出場。第1ラウンドではクルルファを三井、菊池、岡田の3人で披露。1位の慶應義塾大学と0.5点差で2位となり第2ラウンド進出した。第2ラウンドでは形とメンバーを変え、北口、菊池、三井の3人とパープーレンで挑んだ。結果は共に第1ラウンドから進出した慶應義塾大学と1.1点差をつけ決勝に進出を決めた。決勝では強豪校の帝京大学との試合。メンバーは第1ラウンドと同じく三井、菊池、岡田の3人で出場し、形はアーナンで挑んだ。互いに演武中にも関わらず会場から沸き立つ拍手の中、結果は26.30対28.60で同志社は決勝敗退となり、準優勝。強豪の壁は厚かった。

演武をする菊口

男子団体形部門は、棄権と判定を受けた。

女子団体組手部門では、1回戦は長崎国際大と対戦した。武田(現代社会1)、釜(スポ1)、岡田(商2)が出場。武田が試合開始30秒で先制点を取り、勢いそのままに3-0で勝利。その後の2回戦は中部学院大との対戦。釜が0-0で引き分けるも、武田と岡田が流れを掴み、2-0で勝利。このまま勝ちたい3回戦目は立教大と対戦した。試合は武田から始めるも、相手に流れをとられ、0-1で敗北、その後の釜も0-2で敗北。0-2で同志社が敗北を喫した。

威嚇する釜

男子団体組手部門では、1回戦は中部大と対戦した。一進一退の攻防を繰り返し、3-2で同志社の勝利。続く拓殖大との第2回戦。廣、木村、戸田の順で出場した。同志社がゲームメイクし続け、3-0でストレート勝ち。迎えた大正大との第3回戦。戸田は積極的に攻撃を仕掛けるも、1-2で敗北。続く木村も健闘するものの点数を入れることが出来ず0-0で引き分けとなった。廣は相手に先制点を取られ、中盤持ち直すも2-2で敗北。続く為本も流れを断ち切ることが出来ず1-2で同志社が敗北を喫した。

攻撃する戸田

今大会では女子団体形部門で準優勝という結果を飾った同志社。決勝で同志社と怒涛の闘いを見せた強豪校の帝京大学。同志社の今後のリベンジに目が離せない。(文責・平沼栞、倉田蓮大 撮影・平沼栞、倉田蓮大、大西皐月)

ページ上部へ