硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】今季初の黒星

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
同志社 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0
近 大 1 0 1 0 0 0 0 0 × 2 5 0

 4月22日、甲子園球場(兵庫県)で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節対近大1回戦が行われた。同志社は1ー2で敗北を喫し、開幕からの連勝記録が途絶えた。

 初回、先頭打者の堀内(法1)が右安打で出塁。中辻(法3)が四球で青地(スポ4)につなぐと、レフトへタイムリーヒットを放ち、堀内が生還。貴重な先制点を奪う。「先制点が大事ってことは分かっていたので、とにかく初回回ってきたら必ず返すという気持ちで、1打席目は返せた」(青地)。

タイムリーヒットを放った青地

 その裏、先発の髙橋(スポ4)は相手のヒットで出塁を許すと、2死三塁の場面でまさかの振り逃げ。1ー1と同点に追い付かれてしまう。「監督の起用に応えられなかった自分のせいです」と、悔しさをにじませた。

 3回裏、先頭打者が出塁し、1死二塁の場面。しっかり抑えたいところだったが、三塁ベースに当たる適時二塁打を打たれると、二塁ランナーが生還し、逆転を許す。
 その後はピンチの場面でも、着実に三振を奪い、何とか1失点で抑えた。

 東山(心理4)に継投した5回裏。安定したピッチングを披露し、得点を与える隙を見せない。互いに打線が沈黙し、スコアボードに0が並ぶ。

中継ぎの東山

 8回裏、代わった真野(スポ3)がテンポよく抑え、逆転の望みを懸けて9回につなぐ。主軸打線に打席が回るも、フライとゴロに打ち取られる。打撃が振るわず無得点。無念の黒星に終わった。

無念の表情を浮かべる青地

 開幕4連勝を遂げ、絶対調だった同志社も、相手投手には敵わず逆転を果たすことができなかった。「僕たちは負けたら終わりなので、明日は仕掛ける気持ちをしっかり持ってやっていきたいです」(青地)。
 現在リーグトップの近大に、明日こそ白星を挙げることができるか。勢いを取り戻して挑みたい。
(文責:伊藤千遥、写真:杉山舞・丸山潤一郎)

スタメン
(一)堀内4
(二)川久保6
(三)杉浦8
(四)中辻9
(五)青地7
(六)細江5
(七)吉田周3
(八)星加2
(九)髙橋1

(同志社) 髙橋、東山、真野ー星加
(近 大) 久保ー西川

ページ上部へ