準硬式野球部
HEADLINE

【準硬式野球部】最終決戦へ弾みつける1勝

TEAM R H E
同志社 13
関 大

令和4年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ

4月21日に伏見桃山城運動公園野球場で、悪天候により延期となっていた関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ第1節2回戦が行われた。同志社は関大と対戦。終始試合の主導権を握り、6ー1で勝利した。

 

リーグ優勝を果たすためには絶対に落とせない一戦。同志社はエース佐伯を先発マウンドに送った。

 

「自分のピッチング、コントロールで勝負しようと思った」。(佐伯)
初回、いきなり味方の失策で先頭打者に出塁を許すも、後続を打ち取り、上々の立ち上がりを見せる。2回以降も終始危なげない投球を披露した。ストレートと変化球を織り混ぜながら3塁を踏ませないピッチング。自身も苦手と語る関大を相手に、7回を投げて被安打2、無失点と完全に相手打線を封じた。

 

ナインに迎えられる佐伯(スポ4)

好投する佐伯を早めに援護したい打線は4回表。先頭の宮本(経4)が中越えニ塁打を放ち出塁する。続く加藤充(スポ4)がバント安打でつなぎ無死一、三塁とすると、この日スタメンに復帰した田中が左適時打を放ち先制に成功した。

 

先制打を放った田中(スポ4)

 

さらにチャンスは続き2死満塁の場面で打席には4番坂根。ストレートを弾き返した打球はセンターの頭上を越え、走者一掃となる3点適時ニ塁打に。「打点を稼ぐことができてよかった」(坂根)。今リーグ全試合で4番に座る男がきちんと仕事を果たし、4ー0とリードを広げた。

 

4番の働きをした坂根(スポ4)

勢いに乗る坂根は6回表、8回表にも安打で出塁し、猛打賞の活躍。好機を演出し、追加点となる5点目、6点目のホームを踏んだ。

同志社は8回を髙井(商4)、9回を中川(スポ2)と継投し試合終了。9回に1点を失うも5点差を守り切った。

 

勝利の儀式をする同志社ナイン

「優勝に向けて、しっかりこの試合を取れたのはよかった」。(主将・真鍋、スポ4)

次戦は優勝を懸けた関学大戦。結果にこだわり、全員野球で勝利をつかみとる。
(文責・丸山潤一郎、写真・松井麻衣)

ページ上部へ