硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】タイブレークで打線爆発

 4月10日、マイネットスタジアム皇子山(滋賀県)で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節対関学大2回戦が行われた。同志社は5-1で勝利を収め、開幕2連勝を飾った。

 昨日の勢いに乗りたい同志社。2連勝に向けて先発を任されたのは、サウスポーの小倉(経4)。先頭打者に四球を許すものの、好フィールディングでピンチを免れる。

力投する小倉

 5回表、ワンアウトから吉田周(スポ2)、星加(法4)の連続安打でチャンスを作るが、相手投手の勢いあるストレートで小倉が打ち取られる。なんとしても1点を取りたい同志社は、6回表も杉浦(商4)、中辻(法3)の連打で先制のチャンスを作る。ここで橋本(商3)に打席が回るが、相手投手に軍配が上がった。

 7回表、代打で登場した細江(スポ1)が大学初打席で中安打を放つも後続が凡退し、1点が遠い展開に。7回裏、2回以降ノーヒットピッチングを続けてきた小倉。ワンアウトから2者連続で四死球を与え、ピンチを招く。ここで同志社は小倉から真野(スポ3)にスイッチ。5番打者に四球を許すも、無失点に抑えた。7・8回もランナーを許すが、相手にホームベースを踏ませない力投を見せ、両チーム投手戦が続く。

好投を見せる真野

 9回を0-0で終え、タイブレークに突入する。無死1・2塁から星加の犠打でチャンスを広げ、堀内の犠牲フライで待望の1点を掴んだ。このまま逃げ切りたいところだが、1番松尾の左安打で同点に追いつかれる。しかし、続く2・3番を連続三振に切り、逆転を許さない。

 11回表、「自分が何とかする」その思いを胸に打席に入った杉浦は、決勝点となる中適時打を放った。続く中辻のスクイズによりこの回2点目を加えると、さらに途中出場の松井(スポ3)も左中間真っ二つのタイムリーツーベースで続いた。この回一挙4得点を挙げ、関学大を突き放した。

笑顔を見せる杉浦

 真野が最終回のマウンドに上がり関学打線をねじ伏せ、勝ち点をつかみ取った。次節の京大戦でも勝ち点を奪取し、関西の頂点へと突き進む。(文責:山田和輝、撮影:待鳥桜子)

スタメン
(一)堀内4
(二)川久保6
(三)杉浦8
(四)中辻9
(五)橋本光7
(六)吉田周5
(七)福岡3
(八)星加2
(九)小倉1

(同志社) 小倉、真野ー星加
(関学) 執行、鈴木也ー佐藤海

ページ上部へ