硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】勝ち点奪取!

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
同志社 0 0 2 2 0 0 1 0 0 5 12 1
近大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1

 5月7日、南港中央野球場(大阪府)で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節対近大3回戦が行われた。勝ち点の行方を巡り、両者熾烈な戦いが繰り広げられた。

 先発を任されたのはエース・髙橋(スポ4)。安定したピッチングで、相手打線を次々と封じ込める。

 試合が動いたのは3回表。今季初スタメンの松井(スポ3)が左安打で出塁すると、星加(法4)に打席が回る。相手投手に食らい付く粘りのバッティングを見せると見事本塁打に。「びっくり箱をひっくり返したようなホームランを打ってくれた」。監督も驚きの待望の一打が飛び出し、一気に2得点を獲得した。

ポーズを決める星加

 4回、杉浦(商4)が右安打で出塁。そのまま暴投間に進塁すると、無死二塁のチャンスをつくる。その後、1死三塁の場面で打席が回ってきたのは主将・青地(スポ4)。左適時打を放つと、追加点を挙げ思わずガッツポーズを見せる。続く櫻井歩(商1)は遊ゴロで2死二塁に。チャンスを逃さず松井がタイムリーヒットを放つと、クロスプレーになりながらも青地が二塁から生還。2得点を挙げた。

活躍を見せた松井

 7回に先頭打者の堀内(法1)が左安打で出塁すると、杉浦が右適時三塁打。さらに1点を追加した。
 その裏、同志社は髙橋から東山(心理4)にチェンジ。テンポよく抑え、得点を許さない。

 しかし、8回裏、右安打に加え捕逸を許し、2死二塁。さらに中安打と四球で満塁に。本日最大のピンチを招くも代わった真野(スポ3)が遊飛で切り抜けた。

 9回も相手打線を斬って取り、5-0と見事無失点で守り抜いた。今季初の黒星に涙した1回戦。気持ちを一新し、チーム一丸となって白星奪取を目指してきた。「あと4試合、1戦1戦全力でやっていきたい」(青地)。

喜ぶ青地


 実力を自信に変え、着実に進歩していく同志社。長年切望し続けた神宮へ、まだまだ歩みは止まらない。(文責:伊藤千遥、写真:杉山舞、丸山潤一郎)

スタメン
(一)堀内4
(二)川久保6
(三)杉浦8
(四)吉田周3
(五)青地7
(六)櫻井歩5
(七)松井9
(八)星加2
(九)髙橋1

(同志社) 髙橋、東山、真野ー星加
(近大) 久保、大石、寺沢、森本ー西川、大杉、黒川

ページ上部へ