準硬式野球部
HEADLINE

【準硬式野球部】課題残るも3連勝!

TEAM R H E
同志社
神戸大

令和4年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ

3月25日にわかさスタジアム京都で、関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ第2節2回戦が行われた。同志社は神戸大と対戦し、9回に4得点を挙げ、7ー5で逆転勝利。開幕3連勝とした。


ガッツポーズをする今野

7回コールド勝ちを収めた1回戦に引き続き、連勝を伸ばしたい同志社。昨日の勢いのまま、試合に臨んだ。

初回から試合は動く。
先頭打者の向久保(新商3)が中前安打で出塁すると、四球や犠打で満塁に。中澤(新商2)の死球で押し出しとなり、先制のホームを踏んだ。さらに2回、相手の失策が重なり2点を追加。流れは同志社かと思われた。しかし、簡単に事は進まず、まさかの8回まで三者凡退が続いた。
リーグ制覇を達成するためには、ここで負けていられない。9回、同志社の追い上げムードは最高潮だった。
先頭バッターは今季代打として活躍を見せている今野(新スポ4)。「自分が打たなきゃこの試合負けるなと思っていた」(今野)と強い覚悟で中安打を放ち、同志社に流れを引き寄せた。


笑顔でハイタッチをする澤田

その後、死球やバントヒットで無死満塁のチャンス。「とにかく外野に運んで1点をもぎ取ろうという気持ちで打席に立ちました」(澤田・新スポ3)。力強くバットを振り切り、打ち上げて右犠飛。1点を返した。その後同点に追いつき、2死二、三塁の場面で3番新居(新スポ3)に打席が回る。犠飛を放った同期の澤田に奮起され、これまで苦戦していたツーシームを捉え中前へ。勝ち越し適時打を放ち、チームに歓喜をもたらした。


勝ち越し打を放った新居

守備では先発のマウンドに望月(新スポ2)が上がる。初回、相手打線を3人で抑え、上々の立ち上がりを見せた。しかし3回、相手6番に左適時二塁打を浴び1点を失う。5回、先頭打者に安打を許すと、味方の失策も重なり1死一、二塁に。なんとか踏ん張りたいところだったが、1番に右適時三塁打、2番に犠飛を放たれ、この回一気に3失点を喫した。「ここで結果を残さなきゃという焦りの気持ちと、去年神大を抑えていたので少し慢心があった」(望月)。中盤に要所を締めることができず、課題が残る登板に。


先発を任された望月

最終回には東山(新経4)がマウンドへ。だが思うように投球できず、気づけば2死満塁に。チームのピンチを助けるべく、ここでマウンドに立ったのはエース佐伯(新スポ4)。「思いっきり力を込めた」(佐伯)。気迫あふれる投球で、空振り三振。エースとしての貫禄を見せつけた。


マウンドに集まる選手たち

開幕戦に引き続き、7ー5でまたも逆転勝利。今試合も終盤での粘り強さを見せたが、反省点も残る。
投手陣は、勝負どころで耐え切ることができず多くの失点を許してしまった。また、打撃陣もあと一本が出ず、序盤から良い流れをつくることができなかった。
今試合で浮き彫りになった課題を修正し、次の阪大戦に挑む。
(文責・松井麻衣、写真・丸山潤一郎)

ページ上部へ