ソフトボール部(男子)
HEADLINE

【ソフトボール部男子】打線が奮起するも、悔しい敗戦

 5月8日、サザンスタジアム(大阪府)で第54回関西学生ソフトボールリーグ戦

対立命大戦が行われた。同志社は4―5で敗北し、リーグ戦5位で2部のチームとの入れ替え戦に出場することが決まった。

本塁打を放った桒田(商3)

 初回、先頭打者にライト前ヒットを放たれると、続くバッターにも安打を許した。犠打で一死2、3塁のピンチを迎えると、四番打者の犠牲フライで先制点を挙げられる。すると、その裏の攻撃で同志社はいきなり反撃に出る。一番バッター桒田の本塁打で同点に追いつつく。二番牧雄(商3)も安打で出塁するが、後続が続かず1得点にとどまった。

 3回、4回にも1点ずつ追加され、リードを2点に広げられた髙橋大組。4回裏、先頭バッター樫本がセンター前ヒットで出塁すると、鶴田(商2)の右前安打で得点圏にランナーを進める。続く高橋尭が三振に倒れると、迎えたバッターは初回に本塁打を放った桒田。「リードされていたので打つしかないと思った」と意気込み、フルスイングした打球がセンターの頭上を越える。今日2本目のホームランが飛び出し逆転に成功する。

ガッツポーズをする樫本(商4)

 リードを守り抜きたい同志社は5回表の守備についた。しかし、9番打者に本塁打を浴び、再び同点とされる。その後も同志社打線は追加点を奪うことができない。7回表には足を絡めた攻撃でついに逆転されてしまう。

守備につく高橋尭(商4)

 再び逆転したい髙橋大組だったが、三者凡退に抑えられ試合終了。1部リーグ5位となり、2部との入れ替え戦に進むこととなった。「相手チームはエンドランとか小技で攻めてきていたので、(自分たちも)小技を効かせて戦いたい」と次戦の入れ替え戦に向けて意気込んだ主将。最後まで諦めることなく戦い、春季リーグ最終戦を勝利で飾れ。(大西皐月)

スタメン

1 桒田(二)

2 牧雄(遊)

3 圓座(左)

4 髙橋大(捕)

5 神尾(DP)

6 樫本(右)

7 近藤(一)

8 鶴田(投)

9 高橋尭(三)

FP 清水(中)

バッテリー

鶴田―髙橋大

ページ上部へ